大人の関係で会える出会い系|アダルト目的ランキング『体会い』

セフレを募集するアプリで近所でセフレが作れた体験談

忘れられない記憶

 

初めて出会い系アプリを利用したのは、大学生になってからでした。
当時付き合っていた同年代の彼氏はどうにも子どもっぽくて、
「セフレが欲しいな」という軽い気持ちでアプリを利用しました。

 

>>嫉妬も受け止めてくれる愛情深い彼氏GET!

 

アプリに登録してから数日後、セフレ募集の男性からメッセージが来ました。
顔はどこにでもいそうなおじさん風、年齢は当時の私より一回り以上大きい人でした。
彼氏とも別れて暇を持て余していた私はすぐにメッセージを返しました。
「よかったら、会えない?」
彼からその一言を引き出すのにそう時間はかかりませんでした。
「これでやっとセフレとであえる…!」
今までにない幸せな恋愛を確信しました。

 

彼が会う場所として指定してきたのは、渋谷のハチ公前。
恵比寿や代官山で大人デートができると思っていた私にとっては少し拍子抜け。
そんな気持ちとは裏腹に、
「ランチはどんなところ連れて行ってくれるんだろう?」
「何かプレゼントしてくれるのかしら?」と
私の、セフレに向けての期待は高まるばかりでした。

 

「ごめんね、待った?」
待ち合わせの時間をやや過ぎた頃、俯いた私の頭上から声がしました。
見上げてみると、そこにはごく普通のおじさんが立っていました。
ラフなシャツにジーンズ、スニーカー。肌には少しシワが目立っている。
私が描いていた理想を大きく下回る、セフレがそこにいました。
「美紀ちゃん、だよね?」
「あ、はいそうです。たけしさんですか?」
「うん。遅れてごめんね。じゃあ、行こうか」

 

私はてっきりオシャレなレストランでランチをご馳走してくれると思っていました。
しかし、彼が連れてきてくれたのは何ともチープなラブホテル。
ビルの装飾は外れかけ、外壁は塗装が剥げてなんとも間抜けな出で立ちでした。
「あの、たけしさん…」
「服、脱いで」
そういうが早いか、彼は私をベッドに押し倒し、服をたくしあげたのです。
「ちょ、待って…」
私の抵抗など意に介さず、彼はどんどん服を剥ぎ取っていきます。
目に映ったのはセフレはなく、ただの野獣でした。

 

結局、彼が満足するまで身体を弄ばれた挙句、数枚のお金を置いて彼は出て行ってしまいました。
「これ、ホテル代ね」
彼はセフレなんかじゃなかったのです。
私とただセックスができればよかっただけだったのです。

 

それ以来、私はあのアプリを利用してはいません。
忘れようとしても忘れられない出来事。
あの日の出来事は私の心に深く残っています。

セフレを募集するアプリで近所でセフレが作れた体験談記事一覧

アプリを通してセフレを作りたくて連絡をしていて、必ずあなたを満足させてあげますということをアピールしていました。すると、1人の女の子が連絡が来て、自分は不感症で、セックスをしても全然なにも感じないし気持ちよいという感覚になったこともないというような悩みを言ってきました。セックスには自信がある自分としてはどうにかして感じさせてあげたいと思い、とにかく会うことになりました。まだ25歳でとっても快活そう...

夏になると多くの女性たちは薄着になり肌を露出するようになりますのでとってもセクシーになるので男としては嬉しい限りですが、同時に男もやはりアソコを露出したくなる季節でもあります。誰かに見せたい、かわいがってもらいたいという気持ちになりムラムラしてくるのです。それができないストレスはかなり大きなものになり、外で出すと犯罪になってしまうので我慢するのです。とはいえ、彼女がいないままではその気持ちは満たさ...

決め台詞は「こんなの初めて!」 サイト歴10年の主婦の大人の楽しみ私は30代半ばで初めて出会い系サイトに登録しました。すでに結婚して、子どももいました。そんな私がサイトを利用するようになったのは、主人との関係の変化、はっきり言ってしまうと、肉体的な欲求不満からです。主人がキャリアアップして、仕事が忙しくなり、「夜の営み率」が激減したのがきっかけです。私のような理由で、サイトを利用し始める主婦はけっ...